SPIノートの会 就活速報!

 

最新情報
このサイトは
「採用テスト」体験募集
▼最も効果の高い「採用テスト」対策は?
対策はいつまでに?テストはいつ始まる?
よく使われているテストと「実施方式」
インターンシップでテストを実施する企業もある
▼SPIとは?
SPIとは? 対策は?
SPIのテストセンター
SPIのWEBテスティング
▼玉手箱
玉手箱
「テストセンター方式の玉手箱」C-GAB
▼TG-WEB
TG-WEB
ヒューマネージ社のテストセンター
▼上記以外に実施率が高いテスト
SCOA
CAB、Web-CAB
CUBIC
TAP
TAL
▼まだ間に合う
  テスト対策
新卒向け(SPIノートの会の書籍)
社会人向け(SPIノートの会の書籍)
▼採用担当の方へ
SPIノートの会の書籍
『採用の極意』

 

 

 

■SCOAってどんなテスト?

「SCOA(スコア)」は、30年以上にわたってさまざまな企業で実施されてきた採用テストで、学生の人気を集める大手企業の中にも、SCOAを毎年実施しているところが多数あります。

■出題科目は?

SCOAは、能力テストと性格テストで構成されます。

能力テストにはいくつか種類があります。大学生がよく受けるのは、言語、数理、論理、英語、常識(社会、理科)が出題されるSCOA-Aです。

■学習の基礎が試される「学力検査」

一般的に、SPIを始めとする採用テストは、学力や知識の土台となる知能を重視する「知能検査」の傾向を強く持っています。これに対して、SCOAは、知能と同等に知識や学力を重視する「学力検査」の傾向を強く持っています。
SCOAで高得点を取るためには、「学力」、つまり中学校や高校までに習ってきた基礎知識が欠かせません。

■テストセンターでも実施される

ここ数年、SPI以外の採用テストが次々とテストセンター方式を開始しています。SCOAも、「テストセンター」方式を実施しています。これからSCOAの対策をする人は、テストセンターにも備えが必要です。

■SCOAはこの企業で出る

毎年、多くの企業が、SCOAを実施しています。一例をあげると、沖縄銀行、全国農業協同組合連合会、東洋紡、日本中央競馬会、ヤクルトなど。

このほか、地方公共団体(主に市役所、町村役場)などで、従来の公務員試験の代わりに、SCOAを使用するところもあります。

■対策本は『これが本当のSCOAだ!』

ピンク色の表紙!本書は、SCOAを徹底的に解明した専用対策本です。本書を読めば、SCOAの正確な情報と、実態に基づいた効果的な対策がわかります。SCOAのテストセンターの情報も掲載。画面の仕組みや大まかな受検の流れなど、今から知っておきたいことを解説します。

▼ネット書店でのご購入はこちら (同書のページが開きます)
Amazon | 楽天ブックス | 紀伊國屋書店ウェブストア | honto | e-hon 全国書店ネットワーク | Honya Club.com | セブンネットショッピング

 

(C) 2006- SPIノートの会 (本サイトの記事および独自データの無断転載を禁じます)